首のこりには鍼治療が効果的?その理由について詳しく解説!|三軒茶屋の鍼灸「三軒茶屋はり灸イーゲル」

首のこりには鍼治療が効果的?その理由について詳しく解説!|三軒茶屋の鍼灸「三軒茶屋はり灸イーゲル」

  • 完全予約制
  • 070-2152-1388

    電話受付 | 9:00~20:00 ※不定休

  • お問い合わせ

ブログ
Blog

首のこりには鍼治療が効果的?その理由について詳しく解説!

鍼治療は、何千年も前から中国で行われてきた歴史深い治療施術方法といわれています。日本でも各地に鍼灸院があり、私たちの生活の中にある身近な診療所ともいえます。

しかし実際に鍼治療に行き、その効果を実感したことがあるという方はさほど多くはないかもしれません。そこで今回は、首のこりに対して鍼治療が効果的である理由について解説していきます。

1. なぜ首のこりに対して鍼治療を行うのか?
最初に、なぜ首のこりに対して鍼治療を行うのかについて解説していきます。

1-1. 鍼治療とは?
鍼治療は、体にあるツボに細い鍼を刺し、血流の改善などを図る治療施術です。中国伝統医学の理論によると、鍼治療はエネルギー(気)の滞りを解消する効果があると考えられています。鍼を刺して気の滞りを解放し、エネルギーが正常な経路を流れるようにすることで、さまざまな症状を改善させます。

素人が見ると、皮膚の表面に鍼を刺しているだけに見えるかもしれません。しかし実際は体の内部からさまざまな反応を引き起こし、人体にとって望ましい効果を得られるようにするのが鍼治療の本質となります。

1-2. 首の痛みやこりに対する鍼治療の方法
鍼治療は、施術者の方法や治療施術方針によってその進め方が変わってきます。多くの場合、鍼治療の専門家である鍼灸師は、施術を受ける人の症状や食生活、日常生活などを聞くことから始めます。そのような情報を集めることが、鍼を刺すのに最も効果的な場所を見つけるヒントになるのです。

痛みやこりの症状が首だけの場合、基本的に首に鍼を刺すと考えるでしょう。しかし実際は、首以外の部位に鍼を打つこともあります。治療施術方法によっては、うつ伏せや仰向けになってもらうことや、座って施術を受けることもあります。

鍼治療の推奨期間や頻度は、首の痛みやこりがどのくらい続いているか、そして症状の重さによって異なるでしょう。最終的には、鍼治療を継続する必要があるかどうかは、施術を受ける人の判断に委ねられます。

2. 首のこりに対する鍼灸治療の有効性
一般的に、慢性的な首の痛みやこりに対して鍼治療は効果があるといわれています。では、その有効性はどのように報告されているのでしょうか?

2-1. 慢性的な首の痛みやこりに有効
鍼治療が慢性的な首の痛みやこりに有効な治療法であるかどうかについては、さまざまな意見があります。ただし、鍼治療が慢性的な首の機能を改善し、痛みやこりを軽減することを示唆する研究結果が多数報告されています。

例えば、ドイツで慢性的な首の痛みやこりに悩む14,000人以上の人を対象に実施された実験データがあります。3ヶ月間で15回の鍼治療を受けた人たちと鍼治療を受けなかった人たちを比べていますが、鍼治療を開始してから3ヶ月の時点と6ヶ月の時点で、鍼治療を受けた人たちは明らかに症状が改善していました。この結果からして、やはり鍼治療は首の治療改善に効果があるものといえるのではないでしょうか。

2-2. マッサージや痛み止めと併用すると効果が上がる
多くの人は、鍼治療をほかの医療行為の補助として、あるいは医療行為の代替として有益な治療施術法であると考えています。しかし場合によっては、従来の治療施術に鍼治療を加えることで、より効果が高まることも報告されています。

慢性的な首の痛みやこりに悩む46人を対象にしたブラジルの研究では、通常の首へのマッサージに鍼治療を追加することで、マッサージだけ、あるいは鍼治療だけで治療改善するよりも、症状が明らかに改善したことが報告されているのです。このほかにも、鍼治療を鎮痛薬の内服と併用したり、鎮痛剤の代わりに鍼治療を行ったりすることもあります。

3. 鍼治療の注意点
鍼治療の効果は上記のような実験で明らかになりましたが、もちろん注意点もあります。ここからは、鍼治療の注意点について解説していきます。

3-1. 施術後の反応
鍼治療は、国家資格を持った鍼灸師が行うもので、その安全性は多くの人に知られています。鍼治療を受けた後はリラックスできますが、中には倦怠感やめまいなどを感じることもあります。これは鍼治療に対する体の反応の一部と考えられますので、基本的に心配する必要はありません。

3-2. 痛みや出血
鍼治療で使用する鍼は非常に細く、刺してもほとんど痛みを感じませんが、人によっては痛みを感じることもあります。また、こりの強いところに刺したとき、重い痛みを感じてしまうことがあります。なお、鍼を抜いた後に軽い出血が起こることもありますが、これはすぐに止まるものなので、心配する必要はほとんどないでしょう。

4. まとめ
今回は、首のこりに対して鍼治療が効果的である理由について紹介しました。鍼治療の施術方法は、実際は鍼灸師によって異なるところがあります。自分の症状をきちんと伝え、納得してから施術を受けるようにしましょう。

三軒茶屋はり灸イーゲルでは、首のこりで悩む方のお話を丁寧に聞かせていただき、根本から首のこりを改善できるようにサポートいたします。経験豊富なスタッフが対応いたしますので、首のこりでお悩みでしたら遠慮なくご相談ください。

ページトップへ戻る