美容鍼灸はどんな効果があるの?アプローチ法なども一緒に解説します|三軒茶屋の鍼灸「三軒茶屋はり灸イーゲル」

  • 完全予約制
  • 070-2152-1388

    電話受付 | 9:00~20:00 ※不定休

  • お問い合わせ

ブログ
Blog

美容鍼灸はどんな効果があるの?アプローチ法なども一緒に解説します

美容鍼灸は東洋の医学の1つであり、主に体の内側からアプローチする施術といわれています。顔や肌のトラブルを持っている方はもちろん、肩こりや倦怠感なども美容鍼灸で改善が可能です。

また、血行促進や若返りなど、女性に嬉しい美容効果もあります。今回は、美容鍼灸が持っている美容効果について解説します。肌トラブルなどをお持ちの方は、ぜひ美容鍼灸できれいになりましょう。

1. 美容鍼灸の嬉しい効果とは?
美容鍼灸は顔のツボを鍼で刺激することで、筋肉や細胞を活性化させる施術です。西洋のマッサージは顔の表面にしかアプローチできませんが、美容鍼灸は顔の表面だけでなくその内部に働きかけます。そのため、顔以外の脳や内臓の働きを改善する効果も期待できます。

1-1. コラーゲンの生成を促す
表皮の下には、「真皮」と呼ばれる皮膚の層があります。肌の弾力性を維持する効果を持つコラーゲンやヒアルロン酸は、真皮のさらに下にある線維芽細胞によって生みだされます。これらは加齢や紫外線によって減ってしまうため、定期的に補わなければなりません。

線維芽細胞を鍼で刺激すると、その働きが活発になります。自然にコラーゲンやヒアルロン酸などの物質が生成されるようになるので、美容に最適な施術だといえるでしょう。

1-2. 表情筋の引き締め効果
表情筋は加齢やストレスなどが原因で、次第にたるんでいきます。たるむことで顔の筋肉も下がり、見た目より老けた印象に見られることも多いでしょう。

美容鍼灸を受ければ、細胞と筋肉を同時に刺激できます。表情筋に直接アプローチできるので、より高い効果を得ることができるでしょう。

1-3. 顔の血行をよくする
美容鍼灸では、顔全体の筋肉にアプローチするため、血行改善効果もあります。血行が改善されると顔の老廃物が自然に体外へ流れていくようになり、顔のトラブルも解消されていきます。

1-4. 内臓や脳の働きをよくする
顔には体の各所に通じている神経がたくさん通っています。そのため、顔の神経を刺激すれば、脳や内臓の働きをよくする効果も期待できます。顔全体の筋肉を刺激することで、全身に広がる倦怠感なども同時に解消できるのも魅力の1つです。

2. 美容鍼灸で治る肌トラブルとは?
肌トラブルには、シミやくすみ、しわ、たるみなどがあります。加齢によるものや紫外線の影響などで、肌が衰えてしまうのがそもそもの原因です。

美容鍼灸の治療施術を受けることで、これらの肌トラブルを改善させることができますが、セルフケアも重要なポイントになります。ここからは、美容鍼灸で改善できるトラブルの種類やセルフケアについて紹介していきます。

2-1. 顔にできたシミ
シミの原因のほとんどが、紫外線による色素沈着です。通常であればターンオーバーが起こり、28日ほどで新しい肌にと生まれ変わります。

シミができるのは、ターンオーバーが乱れている証拠でもあります。シミを予防するときは、まずはターンオーバーの乱れを整えるようにしましょう。

2-2. 顔のくすみ
顔のくすみも紫外線が原因で発生します。ターンオーバーが乱れて古い角質がはがれなくなると、次第に角質が溜まってくすみになってしまいます。くすみを予防するためには、ターンオーバーを促して新陳代謝をよくしないといけません。

2-3. 顔のしわ
顔のしわの原因として、表情筋が低下している、もしくは肌が乾燥しているなどが挙げられます。しわの予防には、表情筋を鍛えるトレーニングを行う、保湿で柔軟性を与えるのも予防のポイントです。

2-4. たるみ
顔のたるみの原因は、表情筋の衰え、新陳代謝の低下などがあります。顔がたるんでしまうと老けて見られるので、悩む方も多くいらっしゃるでしょう。

たるみを予防するには、表情筋を動かすように意識することが重要です。そのためにも普段からよく笑うなど、表情筋を使うような習慣をつけるようにしましょう。

また、コラーゲンの生成も大切なポイントになります。サプリメントで補うのも大事ですが、美容鍼灸などの施術で直接肌にアプローチをかけると、より効率よく生成されるようになります。

3. 美容鍼灸の持続時間はどれくらい?
個人差はありますが、おおよそ2週間前後は施術の効果が持続するといわれています。より効果を長持ちさせたいなら、2週間から3週間程度のスパンで施術を受けるのがおすすめです。数回続けた後は、1ヶ月に2回ほどのタイミングで施術を受けるようにしてみてもよいでしょう。

また、美容鍼灸は鍼を使うので、内出血が心配という方も多いでしょう。しかし、内出血は基本的に短時間で消えるものであり、ほとんど目立たないものとなります。どうしても気になるという場合は、ファンデーションなどでカバーするようにしましょう。

4. 効果を長持ちさせるセルフケア
美容鍼灸の効果を長持ちさせたいなら、まず生活習慣の見直しから始めましょう。冷えや胃腸機能が弱まれば、血行不良の原因となります。

冷えや胃腸機能を改善させる場合、冷たいものはなるべく避け、温かいスープなどを飲むようにしましょう。普段の食生活を見直すだけでも、効果の持続時間は変わっていきます。

5. まとめ
美容鍼灸は体の内部に働きかける施術であり、肌や顔のトラブルを根本から解消させられる治療施術法として多くの人に認知されています。セルフケアも行いつつ、美容鍼灸の治療施術を受けて理想の自分に近づいていきましょう。

美容鍼灸が初めてで不安をお持ちの方は、ぜひ一度「三軒茶屋はり灸イーゲル」にご相談ください。丁寧なカウンセリングで、症状に合った治療施術を受けられるようにサポートいたします。

 

ページトップへ戻る