三軒茶屋 鍼灸 肩こり|三軒茶屋の鍼灸「三軒茶屋はり灸イーゲル」

三軒茶屋 鍼灸 肩こり|三軒茶屋の鍼灸「三軒茶屋はり灸イーゲル」

  • 完全予約制
  • 070-2152-1388

    電話受付 | 9:00~20:00 ※不定休

  • お問い合わせ

ブログ
Blog

三軒茶屋 鍼灸 肩こり

              三軒茶屋 鍼灸 肩こり

最近、肩こりの酷い患者様が増えてます。

特徴的なのは後頭部から首の付け根、いわゆる「首筋」、それと胸鎖乳突筋、斜角筋といわれる首の側面から前面にかけての筋肉が強い緊張が診られます。

なぜこの様なこり方をするかというと、多くな患者様はPC作業やスマートフォンを見るなどの行為が首を前に突き出すような姿勢をとります。また肘をつく姿勢も斜角筋の負担を増加させます。肘をつきながらPC作業やスマートフォンを見るなど最悪です。

酷くなると頭痛や吐き気などの症状も伴います。

こうなると少し揉んだくらいではどうにもなりません。辛いからといって患部を強くも揉めばさらに悪化します。当院ではまず、手足のツボを使い周囲をほぐしてから患部にアプローチしてゆきます。

鍼の利点として、指圧やマッサージでは届かない深部の筋肉にアプローチ出来ることです。また鍼やお灸でツボに刺激を与えると「穴性」と呼ばれる反応が起こります。「穴性」とは言わば効能のようなものでたんに筋肉がほぐれるだけではなく、胃腸が動いたり、目の前が明かるくなるなど独特の反応が起こります。

 

夏になりエアコンを使用するせいか、首筋が非常に冷えてる方も多いようです。

東洋医学では冷たい風はまず、上半身、特に首筋から寒気が入り緊張させると考えます。これがひどくなると寒気を追い出そうと免疫が働き悪寒を伴う発熱が起こります。そこまでいかなくても寒気によりこわばった首肩は、動きが制限される、動かすと鋭い痛みが走るなどが起こります。この場合発汗がなければ首筋を温めることで緩和します。施術としてはお灸を使用しますが、ご家庭ではドライヤーで温めるだけでも効果があります。

この風のことを東洋医学では「風邪」(ふうじゃ)と言います。「風邪」を(カゼ)と読むことが多いようですが、この場合の「風邪」は「感冒」を意味してます。

「邪」と言うと何やら禍々しい感じですが、人間の生理機能を阻害する環境因子のことです。なのでこの場合「風」が体の生理機能を阻害するので「風邪」となります。「風邪」の特徴は上半身に症状が現れる他に、痛みが移動するというものがあります。なのでつらい部位が日により移動する等は「風邪」の可能性があります。そんな「風邪」ですが比較的治りやすいのも特徴です。首回りを触って冷えている場合はドライヤーやカイロなどで温めてみてください。

それでもなかなか楽にならない場合は手前味噌ながらはり灸をお試しください。三軒茶屋はり灸イーゲルは東洋医学としての施術を得意としています。

ページトップへ戻る