肩こり 重い 鍼灸 |三軒茶屋の鍼灸「三軒茶屋はり灸イーゲル」

肩こり 重い 鍼灸 |三軒茶屋の鍼灸「三軒茶屋はり灸イーゲル」

  • 完全予約制
  • 070-2152-1388

    電話受付 | 9:00~20:00 ※不定休

  • お問い合わせ

ブログ
Blog

肩こり 重い 鍼灸 

肩が重い!肩こりに悩む日常から解放されるために今できることは?

 

重石を乗せたように肩が重い、頭痛がひどくて立っていられないなど、辛い肩こりの症状に悩まされている方は多いのではないでしょうか。肩こりは、原因はもちろん対策方法も人それぞれです。

 

ストレスの原因となってしまう肩こりから解放されるためには、どんなことをすればいいでしょうか。今回は、肩こりの原因や対策方法について紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

  1. 肩こりを起こしやすくする要素

人間の頭は、成人でおよそ5kgもの重さがあるといわれています。肩は、頭の重さに加え、両腕の重さを常に支え続けており、体の中でも筋肉疲労を起こしやすい場所ともいわれています。首や肩、背中についている筋肉が血行不良を起こすことで肩が重い、痛いなどの辛い症状を引き起こされるのです。

 

スムーズな血流を確保できれば、肩こりも軽くなります。しかし、体質や生活習慣によって、肩を凝りやすくしている場合もあるでしょう。肩こりが起こってします要素として、次の3つが挙げられます。

 

1-1. 長時間の同一姿勢

長距離運転やデスクワークなど、長時間同じ姿勢を続け、筋肉に動きが起きないことで、肩こりが慢性化してしまいます。特にパソコンでの作業や、スマートフォンを操作するときの前屈みの姿勢は、肩周辺の筋肉にかかる負担が大きく、筋肉の緊張をより強いものにします。

 

1-2. 猫背など骨格的な影響

人間の首の骨は本来、S字カーブを描いたような骨格で、頭の重さを分散する構造になっています。ところが、猫背や巻き肩、ストレートネックなどの影響でうまく重さを分散できないと、筋肉の負担が増えることになります。

 

1-3. 合わない寝具

人は1日の3分の1に相当する長い時間を寝具の上で過ごします。しかし、マットレスがやわらかすぎて寝返りがうちにくい、枕が高すぎるなど、体に合わない寝具は寝ている間に体に負荷をかけてしまうことになります。

 

  1. すぐに試せる対策法

肩こりは、ひどくなると頭痛やめまい、吐き気といった症状にまで進んでしまうことがあります。肩こりが慢性化してしまう前に、まずはできるところから早めの対策を立てたいものです。

 

2-1. 患部を温めてみる

痛い、重いといった症状のある患部を温めて血流を促すことで、肩こりの辛さが軽減されることがあります。ただし、筋肉が炎症を起こしている状態では、温めるとかえって逆効果になります。熱を帯びているようなときは冷やす必要がありますが、迷ってしまったときは、自分が心地いいと思える方を試してみましょう。

 

2-2. ストレッチしてみる

硬くなった筋肉をストレッチでほぐすことは、肩こりの症状の緩和に効果的です。しかし、骨や筋肉に関する正しい知識がない状態で過度なストレッチをすると、筋肉を余計に傷つけてしまうことがあるため注意が必要でしょう。

 

2-3. 姿勢に気を配ってみる

普段の姿勢を意識することは、肩こり改善のための第一歩です。デスクワークをする際、机と椅子の高さを調整し、無理のない姿勢を維持できるようにすることは非常に効果的です。また、目の疲れも肩こりの大きな原因となるため、こまめに休憩をはさむようにしましょう。

 

2-4. 枕の高さを変えてみる

就寝中に筋肉の疲労回復を図ることも大事なポイントです。首や肩を支える枕に違和感がある状態では、十分な休息は取れません。自分に合った高さの枕に変えることで、睡眠の質が上がり、心身の疲れを癒す効果につながる場合があります。

 

2-5. ストレス発散法を探してみる

仕事のプレッシャーや人間関係、気温差など、私たちはあらゆるストレスの仲で日々の暮らしを送っています。ストレスによる心の緊張は、血管の収縮と筋肉の緊張を引き起こし、肩こりとなってしまう場合もあります。ストレスを上手に発散できる方法を見つけることで、肩こりを緩和できるようになるでしょう。

 

  1. 体の内側に着目

ここまでご紹介した対策法を試しても症状が軽減されない場合は、肩こりの原因が体の内側に隠れている可能性があります。脈拍や呼吸、血液循環など、生命の維持に欠かせない重要な働きをコントロールしている自律神経は、指令元である脳がダメージを受けると正常に機能できなくなります。自律神経は肩こりと深い関わりがあるので、自律神経の乱れを整えられるプロの技術が必要となるでしょう。

 

  1. 鍼灸治療の効果で肩こり改善

筋肉の緊張や骨格の歪みなどの問題だけではなく、内臓の働きや自律神経の乱れなど、体の内側の問題にも焦点をあてて、根本的な症状改善に導くのが鍼灸治療です。体の中にある経穴を鍼やお灸で刺激することによって、自律神経の働きを正常に戻していきます。また、鍼灸治療には、もともと人間の体に備わっている自然治癒力を高める効果もあるため、肩こりを起こしにくくする体質改善効果も期待できます。

 

  1. まとめ

肩こりは、放っておくと慢性化して治りにくくなるばかりか、症状がますます悪化してしまう恐れもあります。長時間同じ姿勢が続くようなときはこまめに休憩を取る、ストレッチを取り入れるなど、日頃の習慣が肩こり対策をするうえではとても大切です。しかし、体の内部に肩こりの原因が隠れている場合もあるため、辛いときは早い段階でプロに相談してみましょう。

 

「三軒茶屋はり灸イーゲル」では、症状に合わせたオーダーメイドの施術で痛みを取り除きます。また、体全体のバランスを重視して、痛みを再び生じさせない施術を行っております。体質改善に向けたセルフケアの方法もアドバイスしておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る