三軒茶屋 鍼灸 腰の痛み|三軒茶屋の鍼灸「三軒茶屋はり灸イーゲル」

三軒茶屋 鍼灸 腰の痛み|三軒茶屋の鍼灸「三軒茶屋はり灸イーゲル」

  • 完全予約制
  • 070-2152-1388

    電話受付 | 9:00~20:00 ※不定休

  • お問い合わせ

ブログ
Blog

三軒茶屋 鍼灸 腰の痛み

                                   三軒茶屋 鍼灸   腰の痛み

 

おそらくこの文を読んでいるほとんどの方が、腰の痛みを経験なさっているのではないでしょうか?

日本人の約90パーセントが腰の痛み、腰痛を経験しているといわれています。

そんな腰痛も全体の85パーセントが原因不明とされています。

原因を特定できる15パーセントを特異性腰痛、特定できない85パーセントを非特異性腰痛といいます。

                 

                            特異性腰痛とは

特異性腰痛とは、画像診断などで原因を特定できる腰痛のことです。

主に椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症のような整形外科要因のものから、腎盂腎炎や慢性膵炎など内科要因のものもあります。当院では特異性腰痛と疑われる場合は、まずしかるべき医療機関の受診をお勧めしています。そのうえで椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などは対症療法としての施術を行います。

椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などを鍼灸施術で本質的に治癒させることは困難ですが、硬くなった筋肉を緩めることにより、痛みの緩和や日常生活の動作を向上させることは可能です。

                          非特異性腰痛とは

原因が特定できない腰痛を総称して非特異性腰痛といいます。これにはいわゆる「ぎっくり腰」などの急性腰痛も含まれます。

私たち施術者が最も診る機会が多いのが、この非特異性腰痛です。

ストレスや職場環境など様々な要素が影響しあって腰痛が引き起こされいる方が多いようです。

原因がわからないと解決策が見つからないようにも思えますが、腰痛を引き起こすであろう要素を一つ一つ取り除いていけば改善は期待できます。

 

まず、よく言われる骨盤の歪みですが、必ずしも骨盤の歪みイコール腰痛ではありません。もちろん重要な要素ですが、背骨が歪んでいても腰痛を訴えない人もいます。また姿勢が悪いから腰痛になるのですか?という質問を受けることがありますが、そもそも良い姿勢を維持するのはとても大変です。良い姿勢を保つにはある程度の筋力も必要です。また、姿勢を悪くするといわれる、PC作業やスマートフォンの使用を完全に排除するなど現代社会において現実的ではありません。

 

人間というのはある程度の歪みを含んでも正常を保つように出来ています。しかし許容を超える負荷がかかることにより背骨や骨盤の歪みが生じて椎骨を圧迫し、腰痛を引き起こすことはあります。

 

次に挙げられるのがストレスによる心因性の腰痛です。このタイプの腰痛は腰の痛み以外にも、不眠やイライラ、悲しみや憂うつなどの症状があります。経験上、肩甲骨周りに強い緊張がある人が多いです。

                        東洋医学から見た腰痛 

特異性、非特異性といった分類は西洋医学から見た腰痛です。17世紀のデカルトによる「心身二元論」以来、西洋医学は心と体を分けて考えてきました。

それに対して東洋医学は「心身一元論」を前提にしています。これは心と体は一体であり、心的ストレスが体の不調として現れ、また体の不調は心の病を引き起こすという考え方です。先に述べた心因性腰痛はまさにこの考え方ですね。西洋医学も東洋医学的な視点を取り入れつつあるのかもしれません。

東洋医学で特徴的なのはストレスを「怒り」「喜び」「思う」「悲しむ」「恐れる」の五つに分け、それぞれが体に影響を与えるという考え方です。例えば怒りは目の充血や筋肉のこわばり、「思う」(悩みなど)は胃腸などの消化器官の不調などとして表れます。いかがですか? 一言でストレスといっても色々な影響がありますね。

そのほかに「天人合一思想」という考え方があり、人間は自然一部でありそのの移り変わりの中で生きているということです。体の不調ということならば、季節の変わり目にぎっくり腰になったり、膝痛によく見られますが雨の降る前日に症状が悪化するなどです。また春先に多いめまいや五月病、花粉症などもこの考え方で説明できます。いわば現代の気象医学の先駆けといえるでしょう。

 

余談ですが花粉症でも特に鼻水には鍼が効果的です。当院でも花粉症による鼻水、鼻づまりの患者様に鍼施術が効果を上げています。

 

このように東洋医学は、西洋医学の苦手としている不定愁訴や非特異性腰痛など原因がわかりづらい疾患を得意にしています。そもそも、前提となる考え方が正反対なので当然かもしれません。

 

腰痛の場合、当院ではまず西洋医学的な徒手検査、カウンセリングを行い、東洋医学面からのカウンセリング、触診と進め、施術では東洋医学的に全体を調整し、その後に腰、また原因と考えられる部位に施術を行います。例えば心因性腰痛の患者様は刺激に敏感だったり、表面の筋肉がこわばっていることが多いので、いきなり患部にアプローチすると症状が悪化するおそれもあるからです。また検査、カウンセリングの段階で特異性腰痛、またはレッド・フラッグと言われる危険な兆候が見られる場合は専門医療機関への受診を勧めています。

                                                            まとめ

このように腰痛に悩む方は多いのですが、原因のはっきりした腰痛から特定できない腰痛まで様々です。この文を読まれて興味を持たれたならば、是非ご連絡ください。相談、カウンセリングなどは無料にて承ります。

ページトップへ戻る