女性の敵「肩こり」!その原因と解消方法について解説|三軒茶屋の鍼灸「三軒茶屋はり灸イーゲル」

女性の敵「肩こり」!その原因と解消方法について解説|三軒茶屋の鍼灸「三軒茶屋はり灸イーゲル」

  • 完全予約制
  • 070-2152-1388

    電話受付 | 9:00~20:00 ※不定休

  • お問い合わせ

お知らせ
News

女性の敵「肩こり」!その原因と解消方法について解説

現代人は肩こりに悩まされることが多くあります。パソコンやスマートフォンを長時間触るといった生活や運動不足などが、その原因として挙げられます。

男女性問わず起こってしまう肩こりですが、実は女性に多く発生しやすいといわれており、整体に通う女性は年々増えているのです。今回は、女性を悩ませる肩こりの発生原因とその対策について解説していきますので、お困り方はぜひ参考にしてください。

1. 女性を悩ます「肩こり」
肩こりは日本人の多くが悩まされているものです。その症状は男女問わず起こりますが、実際には女性の方が肩こりに悩まされることが多いようです。

厚生労働省が行っている「国民生活基礎調査」によると、女性が抱える身体的な悩みとして、頭痛や腰痛よりも肩こりが上位に入っています。男性でも肩こりに悩まされる人は多いものの、女性に比べると少なくなっているのです。

2. 男女共通の肩こりの原因
女性を悩ます症状の代表格である肩こりですが、なぜ女性に多く起こるのでしょうか。ここからは、男性・女性問わず肩こりを引き起こす原因について解説していきます。

2-1. 眼精疲労
現代人は仕事やプライベートで、パソコンやスマートフォンをいじる機会が多くあります。それらを長時間し続けると、目の周りの筋肉が緊張し、その積み重ねで眼精疲労となってしまうのです。

眼精疲労になると、目のピント調節機能が弱ってしまいます。ピント調節機能の低下は、自律神経の乱れにもつながります。自律神経が乱れると血流が悪くなり、その結果肩こりが発生するのです。

2-2. ストレス
過度なストレスも肩こりを引き起こします。ストレスを感じ続けると自律神経に乱れが生じます。それによって血管の収縮が起こり、血流が悪くなって肩こりを引き起こすのです。

また。ストレスが内臓に不調をもたらすと、内臓周りの筋肉が硬くなります。その影響が肩に伝わり、肩の筋肉を硬直させてしまうことで肩こりが発生するのです。

2-3. 運動不足
運動不足の日々が続くと、筋肉が硬くなってしまいます。筋肉の柔軟性が失われることで血流が悪くなってしまい、それが原因で肩こりとなります。

2-4. 長時間にわたる同じ姿勢
スマートフォンやパソコンを長時間いじっていると、前傾姿勢になりがちです。前傾姿勢が続くことでも、筋肉が硬くなってしまうのです。その結果肩回りの血流が悪くなり、肩こりも悪化してしまいます。

3. 女性ならではの肩こりの原因
ここからは、女性に肩こりが多くなってしまう要因について解説していきます。

3-1. 筋肉量が少ない
基本的に、女性の筋肉量は男性に比べて少なくなっています。そのため、首にかかる負担は女性の方が大きくなります。首・肩周りの筋肉が硬くなり、肩こりとなってしまうのです。

3-2. 猫背
胸が大きいことにより、その重さで前傾姿勢になってしまうことがあります。猫背がクセになってしまうと顎が前に出てしまい、それが原因で肩こりとなってしまうのです。なお、ブラジャーのサイズが合っていないことも、肩こりの原因となる場合があります。

3-3. 更年期によるもの
更年期をすぎると、体にさまざまな変化が起こりますが、この変化によって肩こりが悪化することがあります。体全体の筋肉量が減ることで、肩・首周りの筋肉量も減り、肩こりが起きてしまうのです。

また、精神的な緊張や体の冷えといった症状を引き起こす場合があります。これらの症状が起きると、全身の筋肉に大きな負担がかかります。そうすると血流が悪くなり、やがて肩こりを引き起こすのです。なお、更年期障害によるホルモンバランスの乱れも、肩こりの原因となることがあります。

4. 女性を悩ます肩こりには「鍼灸治療」がおすすめ
肩こりを解消する方法にはさまざまなものがありますが、おすすめなのは「鍼灸治療」です。鍼灸とは鍼と灸を使用して、ツボを刺激し、各種症状の改善効果を図るものとなっています。以下からは鍼灸について詳しく解説していきます。

4-1. 鍼治療によるツボへの刺激
鍼をツボに刺し、体の各部へ刺激を与えることで、肩こりの解消が期待できます。効果的なのは肩周りや首に関連したツボですが、内蔵に関わる「膈兪(かくゆ)・肝兪(かんゆ)・脾兪(ひゆ)」といったツボもおすすめです。

内臓の機能低下が、肩こりを引き起こすこともあります。なお、更年期障害への効果が期待できる手の指の先にある「十宣(じゅっせん)」というツボもおすすめします。

4-2. 灸治療による冷え性改善効果
灸治療で体を温めることも、肩こりにも効果的です。灸を肩・首周りに乗せ、体をじわじわと温めれば、筋肉の硬さが取れて肩こり解消が期待できます。特に冷え性で悩んでいる女性におすすめの方法です。

5. まとめ
肩こりは男女問わず悩むことの多い症状です。しかし、筋肉量が少ないことや、更年期による体の変化など、女性の方が肩こりにつながる要素を多く持っています。

辛い肩こりを解消するには、鍼灸治療がおすすめです。鍼によるツボ刺激、灸による温め効果が肩こりに効果的といえます。

「三軒茶屋はり灸イーゲル」では、肩こりで悩んでいる女性一人ひとりの症状に合わせて最適な施術を提供しております。心地よい空間で鍼灸治療が受けられますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る